DOWN JACKET CLEANING PROCESS

ダウンジャケットクリーニングへのこだわり

プラスキューブの代表はアパレルで紳士服のデザイナーをしておりました。
その後、家業を継ぐ形で今の店に戻ってきたのですが、「アパレルでの経験を、クリーニングにも活かしたい」という思いが強くありました。
クリーニングにおいて「きれい・安心・ 安全」は当たり前。
そこにアパレルのデザイナーとして経験した「デザイン性」と、お客様への「真心」をプラスしたいという意味を込めて店名を「プラスキューブ」としました。
クリーニングのデザイン性と真心にこだわるプラスキューブのこだわりをぜひご覧ください。

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 01水洗いだから汗の汚れや臭いがしっかり落ちてふわふわに!

一般的に洗いや乾燥が難しいといわれるダウンジャケットは、ドライクリーニングを行います。
ただしドライクリーニングでは溶剤の油が中まで入り込んでしまい、臭いや汚れの素となったり羽毛の油分を取りすぎてしまうことで、保温性が失われる可能性もあります。
プラスキューブのクリーニングは、基本的にウエットクリーニング(水洗い)。
水で洗うので、汗の汚れや臭いもしっかり落とすことができます。
(皮が使用してあるダウンジャケットなど、水洗いができないものを除きます)

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 02職人がダウンに合わせて最適な洗い方を選定するから水洗いでも安心。

大切なダウンジャケット。水洗いはちょっと心配という方もご安心ください。
ダウンの分厚さや縫製方法、汚れ具合などから最適な洗浄方法を選び、丁寧に洗っていきます。
職人が1枚1枚手にとって判別するため、洗いすぎや羽毛のヨレ・偏りを防ぐことができます。
水洗いの際は専用のネットと優しい水量で、ダウンをできるだけ傷めずに洗います。

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 03水洗いでも油汚れをしっかり落とします。

水洗いで落とすのが難しい油汚れも前処理によりしっかり落とします。
襟口の黄ばみ、袖口の黒ずみなど、水洗いでは落ち辛い汚れに対し、職人が適切な溶剤をつけて処理していきます。
こうして落ちにくい汚れをある程度落とすことで、ダウンを傷めにくい”優しい洗剤”で水洗いしても、しっかりと汚れを落とすことができます。

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 04ダウンを傷めないためにこだわりぬきます。

ファスナーやドローコードのストッパー部分を1つ1つ保護し、ダウンはもちろん、ファスナーなどの金属部分が傷つくのを防ぎます。
また、専用のネットと優しい水量で、ダウンをできるだけ傷めずに洗います。

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 05こだわりの乾燥で”ふわふわ”を取り戻します。

プラスキューブの乾燥は通常「静止乾燥」を行いますが、ダウンジャケットは羽毛をふかふかに仕上げるためにさらに「タンブラー乾燥」も併用して乾燥致します。
ダウンジャケットの中の羽毛を乾かすのはとても大変で、静止乾燥だけだと中までしっかり乾かすことができないためです。
中の羽毛までしっかり乾かさないければ、ダニの温床になってしまったり、カビが生えてしまったりと、羽毛がダメになる原因となってしまいます。
「タンブラー乾燥」で中までしっかり空気を入れて、ダウンジャケットの”ふわふわ”をしっかり取り戻します。

プラスキューブ│スーツ水洗いへのこだわり
FORCE 06特別なダウンも、もちろんお任せください。

プラスキューブはどんなダウンジャケットも1枚1枚職人の手で丁寧に水洗いいたします。
追加料金は必要ありません。
モンクレール、カナダグース、ヘルノ、タトラス、デュベティカ、アルマーニ、グッチなど数あるダウンジャケットのクリーニング実績がありますので、安心してお任せください。

ページの先頭へ