AIRY Y-SHIRT CLEANING PROCESS

エアリーワイシャツ クリーニングの流れ

顔の見えないインターネットショップにお洋服を預けるのはご不安があるかと思います。
ご安心下さい。顔の見えないショップだからこそより以上に「真心」を込めて対応させていただきます。
より安心してクリーニングをご利用いただくために、
お客様よりお預かりしたお洋服をクリーニングするプロセスをご紹介いたします。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 01お洋服のお預かり・検品

お客様からお送りいただいた商品が到着次第、お客様に「商品到着メール」をお送りいたします。
その後検品を行います。
検品では商品の数がそろっているか、商品に破れやシミ、その他破損がないか、洗えないお品物がないかを調べます。
問題がなければお客様に「検品完了メール」をお送りいたします。

シミやひどい汚れがあった場合はPROCESS02の前処理にて個別にしみ抜き等を行います。
もし破損があった場合や洗えない商品などが含まれていた場合は、お客様にメールもしくはお電話にてご相談させていただき、修理やご返品などの処理をさせていただきます。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 02仕分けと前処理(無料しみ抜き)

お品物1点1点にタグを付け、受付で調べたシミ・破れ・ほつれ等を再度点検します。
ここで新たに発見された場合は、お客様にご確認の連絡をさせて頂き、確認を取らせていただいてから次の工程に移ります。
お洋服にシミがあった場合、無料で基本しみ抜きを施させていただきます。
(しみ抜きについて詳しい流れやこだわりはこちらをご覧ください。)
また装飾されたデザイン性の高いボタンやファスナーなどには、専用の保護を行います。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 03洗い

プラスキューブではワイシャツを洗う温度を40℃と設定しています。
温度を高くすればそれだけきれいになるのですが、芯地が縮んだり布地が傷んだりします。
そこでプラスキューブでは中温の40℃でもきれいになる酵素を配合したワイシャツ専用洗剤を使用することで、この問題をクリアしました。
白物はより白く、色柄ものはくっきりとした洗い上がりになります。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 04乾燥

ほとんどのクリーニング工場では乾燥の工程を行っていません。
洗いあがったワイシャツを濡れたまま高温プレスする「濡れがけ」と呼ばれる方法で仕上げていきます。
濡れたままプレス加工することで乾燥と形を整える作業を一緒に行うことができ、効率が良いのです。
ですが、濡れた洋服を熱で乾かすため、プレスの温度は高く、またプレスする時間は長くなります。
さらに最近は「トップヒューズ芯」という芯を使用したワイシャツが多く見られます。
この「トップヒューズ芯」は高温プレスを行うと縮んでしまいます。
プラスキューブではこの問題を解消するため、プレス前に乾燥機で乾燥させ、その後低温プレスを行います。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 05プレス工程

乾燥が終わったワイシャツを低温・短時間でプレスしていきます。
まず、エリとカフスをプレスします。
その後、スリーブという袖の部分をプレスします。
そしてボディーをプレスするのですが、いずれも高温で長時間プレスするとやはり芯地が縮んだり布地が傷んだりします。
そこで、プラスキューブでは機械メーカーと共同で開発した
世界初の短時間できれいに仕上がるプレス機を使用して仕上げます。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 06エリの成形

プレスの終わったワイシャツはカラーブロッキングマシーンでエリの形を整え成形します。
エリの形が新品の時のようになりネクタイの通りも良くなります。

プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 07復元

他店で縮んでしまったワイシャツでもお任せください。
エリ・カフス・前たてを最適なスチーミングとエアーシリンダーによる加圧で元の長さに復元する機械(AK-656)を導入しました。

前たての長さの違いも元通りに復元します
プラスキューブ│エアリーワイシャツ 前たての長さを復元
プラスキューブ│エアリーワイシャツ 前たての長さを復元
プラスキューブ│エアリーワイシャツ クリーニングの流れ
PROCESS 08検品・包装

仕上がったお洋服は検品して包装します。
その際、仕上げたスタッフとは別のスタッフが最終検品して包装するようにしています。
そうすることで、二重チェックが入るようになります。

ページの先頭へ